成績計算用Excelシート

2020年7月6日

プロ野球ペーパーオーナーゲーム 目次

ルール解説

 
2020.7.4 シーズン成績データBaseballPOG_statistics.xlsx更新
2020.7.6 BaseballPOG_statistics.xlsxの選手名修正しました。
2020.6.28 BaseballPOG.xlsxファイル改良、「チーム概要」タブを追加しました。

プロ野球ペーパーオーナーゲームでは、真面目にセイバーメトリクスを使ってチームの成績を求めているので、少々面倒な計算が必要です。なので計算用のExcelシートを用意しました。ゲームをプレイするために必要なのは、とりあえずこのExcelシート(と少しの労力)だけです。計算の中身を知っているとよりゲームを楽しめるので、暇な方は解説の方も見てください。

プレイの実例も公開しました。

最新のデータファイルはこちら。2020/7/2現在の選手データ、シーズン成績データです。

ファイルリンク機能を使っていないExcelファイルはこちら。

BaseballPOG.xlsxはこんな感じ

チーム概要タブ:チームの勝率、打順、ポジションが表示されます。
支配下選手タブ:自分のチームの所属選手を入力するところ。あと、チーム名もここに入力。
出場選手登録タブ:選手のポジションや打順を入力するところ。
各種係数タブ:計算に使う係数が書いてあります。
所属・年俸リストタブ:選手の名前と所属、背番号、ポジション、年俸のリストです。
投手成績、打撃成績、守備成績タブ:NPBの公式記録をコピーしたものが貼ってあります。
 
  1. ドラフトして支配下選手を決め、「支配下選手」タブに入力
  2. 「出場選手登録」タブでポジションや打順を決める
  3. 成績が出る
という風に使います。
ときどき投手成績、打撃成績、守備成績の更新データを出しますので、データ更新して「出場選手登録」タブでスタメンを変更したり、一軍二軍を入れ替えたりして遊んでください。

ダウンロードと準備

※2020.6.28 BaseballPOG.xlsxを改良。「チーム概要」タブを追加しました。

次のzipファイルをダウンロードし中のExcelファイルを同一フォルダに解凍します。

baseballPOG.xlsxがチーム成績の計算ファイル、baseballPOG_players.xlsxは選手リストのファイル、baseballPOG_statistics.xlsxはシーズンの選手成績データです。 baseballPOG_statistics.xlsxは(不)定期的に更新版を当ウェブサイト上に公開します。更新版のファイルを上書きすることで、データを更新できます。

過去の年度のデータはこちら。ファイル名をbaseballPOG_players.xlsxとbaseballPOG_statistics.xlsxに変更して、baseballPOG.xlsxのあるフォルダにコピーして使用してください。

いくつか球団を作ってリーグ戦をするなら、 baseballPOG.xls を同一フォルダ内でコピーして、ファイル名をチーム名に変えて使うと良いです。

成績計算用シートの使い方

ドラフト結果を入力

「支配下情報」タブにドラフトで獲得した選手を記入します。選手名はNPBに登録されている通りに入力する必要があります。「炭谷 銀仁朗」など、異字体が使われている選手名は要注意です。マルティネスなど、同一登録名の選手が何人かいる場合は、マルティネス(F)という風に、登録名の後ろに所属チームのアルファベットを付けています。

「出場選手登録」タブでベンチ入りする選手を入力します。上から1~9番目の選手がスタメンの野手で打順1~9番になります。25番目までが一軍登録選手で、成績がチーム成績に反映されます。26番目以降は二軍です。選手のポジションも入力します。スタメン野手のポジションは1種類で固定ですが、控えの野手は3種類のポジションを登録できます。

これで「チーム概要」タブに勝率が出ます。登録選手を入れ替えたり、ポジション、打順を変えると勝率が変わります。一番よいスタメン構成を探してみてください。

プロ野球ペーパーオーナーゲーム 目次

ルール解説