2020年リプレイ20 まだマジックは点灯しない【プロ野球ペーパーオーナーゲーム】

※10/18 選手成績のExcelデータ更新しました。

誰も頼んじゃいないのに、私たちのプロ野球ペーパーオーナーゲームのリプレイを紹介する第20回目。今シーズンも18試合を残すのみとなりました。現実の世界ではジャイアンツの優勝マジックはもう7になりました。ゲームの世界ではドテチンズ秩父ジャイアンツが僅差で競っており、マジック点灯はまだのようです。

順位表

後半戦順位表(42試合消化)

順位

チーム チーム得点 チーム失点 勝率 ゲーム差
1 秩父ジャイアンツ 209 151 0.6591
2 海南大附属レイカーズ 192 141 0.5655 4.0
3 ドテチンズ 189 170 0.5563 0.5
4 キラキラ☆ファイティングドッグス 181 183 0.5226 1.5
5 ヤクルトAI 207 209 0.5054 0.5
6 ナショナルズ 180 208 0.4369 3.0
7 カトちゃん球団 130 173 0.4176 0.5
8 KKチャレンジャーズ 145 188 0.4097 0.5
9 ハムスターズ 133 163 0.3457 2.5

あいかわらず後半戦は秩父ジャイアンツがリード。2位から5位までは団子状態で順位がくるくる変わっています。最近は海南大附属レイカーズが好調で2位に浮上してきました。西勇輝、大野雄大の先発2人が躍進の原動力です。

総合順位表(92試合消化)

順位

チーム チーム得点 チーム失点 勝率 ゲーム差
1 ドテチンズ 496 393 0.6145
2 秩父ジャイアンツ 497 427 0.5864 2.5
3 海南大附属レイカーズ 398 368 0.4837 10.5
4 キラキラ☆ファイティングドッグス 411 449 0.4696 2.0
5 ヤクルトAI 458 491 0.4627 0.5
6 ナショナルズ 467 530 0.4363 2.5
7 ハムスターズ 364 505 0.3144 12.0
8 KKチャレンジャーズ 325 509 0.3137 0.5
9 カトちゃん球団 326 501 0.3130 0.0

総合での優勝争いはドテチンズと秩父ジャイアンツの2チームに絞られました。ドテチンズが辛うじて首位をキープ、秩父ジャイアンツとのゲーム差は2.5ですが、勢いは秩父ジャイアンツの方があります。ドテチンズは主砲鈴木誠也に当たりが戻ってきました。このまま逃げ切ることができるか!?

プロ野球ペーパーオーナーゲーム2020

順位表

プロ野球ペーパーオーナーゲーム 目次

ルール解説