2020年度版プロ野球POG的注目選手【プロ野球ペーパーオーナーゲーム】

2020年2月11日

そろそろプロ野球はキャンプインの季節。プロ野球ペーパーオーナーゲームではドラフト会議の季節です。2020年度版のプロ野球POGデータファイルを作成しました。

さてこのゲームでは、全現役選手を対象にしてドラフト会議をし、総額年俸に制限がある中で一からチームを編成します(ルール)。このドラフト会議、実は戦略ありロマンありでとっても楽しいのです。という訳で、 プロ野球POG のドラフト戦略と今年の注目選手について解説します。

1位指名の有力候補

チーム 選手名 ポジション 年俸(万円)
L 森 友哉 捕手 20,000
Bs 山本 由伸 投手 9,000
C 鈴木 誠也 外野手 28,000
L 山川 穂高 内野手 21,000
S 山田 哲人 内野手 50,000
Bs 吉田 正尚 外野手 20,000
G 岡本 和真 内野手 14,000
L 外崎 修汰 内野手 14,000
C 會澤 翼 捕手 18,000

確実にスタメン入りして良い成績が期待できる割に、あまり年俸がバカ高くない選手たちです。1位指名は投手より野手の方が多いです。これは投手は人数が多い(1チームあたり15~20人くらい)のに対し、スタメン野手は1ポジション1人しかいないためです。つまりエースピッチャーがいないことより、(例えば)有力な二塁手がいないことの方がチームへの影響が大きい。特に捕手、遊撃手、二塁手は守れる選手が限られるので人気が集中します。また西武の外崎修汰は、内野も外野も守れるユーティリティ性が魅力です。こういう選手が一人いると、チーム編成がぐんと楽になります。

当然このような選手のうち、自チームが獲得できる選手は1人かせいぜい2人。森友哉と鈴木誠也の両方が獲得できることはまずありえないし、森友哉を獲得した場合と、鈴木誠也を獲得した場合ではその後の指名が大きく変わります。あらかじめ1位の指名結果別でドラフト戦略を立てて準備しておく必要があります。

コストパフォーマンスの良い上位指名候補

チーム 選手名 ポジション 年俸(万円)
S 村上 宗隆 内野手 4,500
G 中川 皓太 投手 5,500
H 高橋 礼 投手 5,000
T 近本 光司 外野手 4,500
Bs 福田 周平 内野手 4,500
D 梅津 晃大 投手 1,500
F 中川 圭太 内野手 2,800
Bs 榊原 翼 投手 1,900
M 種市 篤暉 投手 3,000

次に人気になりそうなのは、一昨年~去年ブレイクして一軍定着したばかりの若手選手たち。成績の割に年俸が安くお買い得です。このゲームではチームの年俸総額制限があるので、こういうコストパフォーマンスの良い選手を獲ることが重要なのです。ただし、全幅の信頼を寄せるにはまだ早い。例えば三塁を守れるのが村上宗隆だけ、というような編成はちょっとリスクが大きすぎるでしょう。控えに大城滉二、平沢大河など三塁も守れる選手を併せて獲得しておくと良いでしょう。

1位指名はないけれど、こういう選手は大抵のチームが獲得を狙っているので、どの順位で指名するのか、駆け引きがあります。他チームの指名状況を見ながら人気になりそうな選手/まだ指名されそうにない選手を予想し、指名のタイミングを測ります。

意外と指名されない高額年俸選手

チーム 選手名 ポジション 年俸(万円)
G 菅野 智之 投手 65,000
H 柳田 悠岐 外野手 57,000
G 坂本 勇人 内野手 50,000
H 松田 宣浩 内野手 45,000
E 浅村 栄斗 内野手 50,000
G 丸 佳浩 外野手 45,000
D ビシエド 内野手 36,667
H 森 唯斗 投手 46,000
Bs ジョーンズ 外野手 43,600

ここで挙げたような高額年俸の選手は、意外と上位指名されずに残ることがよくあります。 上位指名ではコスパの良い選手を獲得し、チームの補強ポイントが見えてきてから必要な高額年俸選手を指名するというパターンが多いためです。また 高額年俸選手 は「他球団が指名することは無いな」と予想できる状況になることも多く、そうなると急いで指名する必要は無くなります。ただ、怪我さえなければ確実に活躍してくれる選手たちなので、予算をにらみながら獲得したいところ。

期待の若手選手

チーム 選手名 ポジション 年俸(万円)
G 山下 航汰 外野手 600
C 森下 暢人 投手 1,600
L 平良 海馬 投手 1,200
C 坂倉 将吾 捕手 800
G 戸郷 翔征 投手 650

期待の若手は他にも沢山いると思いますが、この辺は好みですね。今年ブレイクする選手を当てると、ちょっと鼻高々、気分が良いです。去年私が種市篤暉を指名したとき、周りの人は「誰それ?」的な反応だったのですが、そういう選手が活躍すると相当うれしいです。ちなみに昨年私が種市篤暉を獲ろうと思ったのは、千賀滉大が褒めてた記事を見たからです。今年の千賀滉大のイチオシは杉山一樹らしいですね。

怪我から復帰する選手はお買い得かも??

チーム選手名ポジション年俸(万円)
DB東 克樹投手4,400
D小笠原 慎之介投手2,100
L吉川 尚輝内野手2,300
C田中 広輔内野手15,000

昨期怪我で活躍できなかった選手は、実力の割に年俸が上がっていないのでお買い得な気がするのですが、どうでしょう?東克樹や小笠原慎之介は終盤しっかり戦力になっていたので、特にそう感じます。吉川尚輝は原監督に職場放棄と言われるくらい、いっつも怪我している印象だけど、裏を返せば怪我さえなければ相当お買い得な選手です。田中広輔は復活すれば年俸15,000万円は絶対お買い得ですよ。上沢直之は少し時間がかかりそうですね。藤浪晋太郎は・・・?

2020.2.10追記 東克樹は手術だそうで・・・

「次に指名しようと思ったのに!」「こんな上位で指名する選手か?」「そんな選手知らなかった」・・・ドラフト会議をすると、他の人の反応が楽しいです。相手を出し抜いて先に指名できたとき、人の注目していない選手を指名したときはちょっとした快感です。他の人の指名で「そんないい選手がいたのか!」という発見もあります。まあ、実際にやってみないとわかりにくい楽しさだと思います。