2020年リプレイ18 後半戦18試合消化【プロ野球ペーパーオーナーゲーム】

※9/20 選手成績のExcelデータ更新しました。

誰も頼んじゃいないのに、私たちのプロ野球ペーパーオーナーゲームのリプレイを紹介する第18回目。秩父ジャイアンツが首位、2.5ゲーム差の2位に3チームが並ぶ展開となりました。

順位表

後半戦18試合消化(9/18まで)時点での順位表です。

順位

チーム チーム得点 チーム失点 勝率 ゲーム差
1 秩父ジャイアンツ 102 63 0.7154
2 キラキラ☆ファイティングドッグス 85 76 0.5784 2.5
3 海南大附属レイカーズ 82 60 0.5740 0.0
4 ドテチンズ 74 67 0.5736 0.0
5 ナショナルズ 86 87 0.4885 1.5
6 ヤクルトAI 84 91 0.4594 0.5
7 KKチャレンジャーズ 59 78 0.4015 1.0
8 カトちゃん球団 52 84 0.3218 1.5
9 ハムスターズ 56 76 0.3181 0.0

秩父ジャイアンツは、打の方は近本、坂本、丸、スパンジェンバーグ、大田が、投の方は山本由伸が好調です。2.5ゲーム差の2位に、キラキラ☆ファイティングドッグス海南大附属レイカーズドテチンズが並んでいます。しかし順調な秩父ジャイアンツと違い、キラキラ☆ファイティングドッグスは先発のコマ不足、海南大附属レイカーズは抑え不在、ドテチンズは打線の中軸が軒並み不調、という具合にどのチームも波に乗り切れていません。まあいいかえると、調子の差が2.5ゲームの差を生み出した、ということなのでしょう。

でも、そろそろ秩父ジャイアンツに掛かった絶好調の魔法も解ける頃・・・?まだまだ勝負の行方はわかりません。

プロ野球ペーパーオーナーゲーム2020

順位表